有期年金のメリット・デメリット

有期年金のメリット

 

有期年金は10から15年など期限が決まっている年金で確定年金と似ていますが、最大の違いは被保険者がなくなった場合年金の支給は打ち切られてしまい、遺族に支給されることはありません。
そのため個人年金の保険料が他の個人年金に比べて安く契約することができます。
亡くなった場合年金の支給が止まってしまうことが気にならなければ、安く個人年金に加入できるため20代など若い世代に人気のタイプの個人年金になっています。
有期年金と確定年金で毎月同じ保険料を支払う場合は保証がある確定年金よりも多くの年金保険料が
受け取れるメリットもあります。
安く加入してなるべく多くの保険料を受け取りたい方におすすめなのが有期年金です。

 

 

有期年金のデメリット

 

保証期間がないため年金の受け取り期間中に亡くなってしまうと払ってきた個人年金が打ち切られてしまいます。
遺族に支払われる確定年金とは違い、死亡時よりも受け取れる期間に多くの年金が支払われるのが特徴です。
有期年金の受け取りが始まったばかりで亡くなってしまうことも考えられますからデメリットにとして考えておく
べきでしょう。