公的年金の種類と位置づけ

公的年金は、国民年金、厚生年金、共済年金(廃止)などがあり、職業などで入れる年金が変わってくるのが
今の日本の年金制度です。

 

 

国民年金

国民年金は、公的年金の1階層目とされていて公的年金の基礎と言ってもいいでしょう。
誰でも加入できるのが特徴で、特に自営業者や専業主婦の方も入れる公的年金です。

 

 

厚生年金

厚生年金は会社員、公務員が入る公的年金ですが、1階層目には国民年金があり、2階層目として厚生年金に加入しています。

 

 

共済年金(廃止)

共済年金は公務員が入る公的年金でした、1階層目には国民年金があり、2階層目として共済年金に加入していました、
しかし平成27年10月からは会社員と同じ厚生年金に加入することになりました。
共済年金の他に職域加算が給付されていましたが、こちらも廃止され年金払い退職給付と形を変えた給付になりました。
ただし年金払い退職給付は、職域加算のように支払い金がない訳ではなく、別途支払いの形になります。

 

公的年金の種類と位置づけまとめ

公的年金の種類としては、現在2種類で「国民年金」と「厚生年金」があります。
1階層目・・・国民年金
2階層目・・・厚生年金

 

 

厚生年金に加入の方は、同時に国民年金にも加入していますので、1層目、2層目の2階層の年金に加入していることになります。

 

 

自営業者や専業主婦は、国民年金のみというケースが多いので、プラス個人年金に加入しておくことで将来安心できます。